自分らしい住まいを手に入れよう

身近になったリフォーム

家族が集まれる空間作り

リビングのリフォームではまず広さが重要になります。そのため、リビングとその隣にある部屋の壁をなくし、広いリビングに作り替えるというのが人気です。
もう一つ人気なのは、新築では取り入れることが多くなった対面式キッチンです。
今まで壁側に合ったキッチンをアイランドなどに配置することにより、コミュニケーションがとり易い環境になります。

また、最近流行なのはこあがりのスペース作りです。
別名ポケットスペースとも呼ばれており、用途に合わせて空間を作ることができます。
例えば小さいお子さんがいる家庭では遊びのスペースとして、ご高齢の両親と住んでいる場合は畳のスペースに、また仕事や読書ができる書斎スペースなどを作ることができます。こういったスペースがあることで同じ空間にいながらストレスなく、したいことができる部屋作りができます。
こあがりなので、床下収納を付けられることも重宝されています。

快適さも忘れない

快適さとは夏は涼しく、冬暖かくということです。
いくら間取りを変えて、リビングが集い易くなったとしても、夏に冷房が効かないくらい暑かったり、冬は冷たい隙間風が吹いていたら長居はしたくないですよね?
では具体的にはどのようなリフォームができるかというと、一番重要なのは窓です。
リビングの窓は大きくまた、数も多い傾向にあります。
そのため、窓の性能によって、リビングの過ごしやすさが変わります。
サッシを断熱性のものに交換したり、ガラスを断熱効果の高いエコガラスに変えたり、内窓を取り付けるなどの方法があります。
内窓の取付は結露が防げる点でも人気です。

窓の他にも壁紙を断熱性に変えたり、床暖を入れたりと様々な方法があります。