自分らしい住まいを手に入れよう

身近になったリフォーム

最近のリフォームで注目を集めているのはリビングです。 家族共有のスペースであるリビングが過ごしやすい空間であれば自然と家族が集まります。 「お子さんが自室にこもりがち」「夫婦の会話が減っている」こんな悩みを抱えていませんか? 思い切って家族が喜ぶリビングリフォームをしてみませんか?

進化する建材

そもそも、建材という言葉を聞きなれない人も多いかと思います。 建材とは、建築材料のことです。 「木材」「コンクリート」「鉄筋」「瓦」などで、これらを組み合わせて建物を作っていきます。 このように例をあげれば、身近なものですが、皆さんの知らない間に建材は進化してきています。

自分でできるお部屋作り

少し部屋の雰囲気を変えたい。 居心地の良い空間を作りたい。 子供の年齢に合わせた部屋作りをしたい。 でもリフォームするお金はないと諦めていませんか? 今は素人でも簡単に失敗なくできるリフォーム建材が揃っています。 自分自身で理想の空間作りをしてみませんか?

居心地の良いリビングで家族の絆が深まる

少し前までは自宅購入イコール新築でしたが、現在では少し事情が違うようです。
最近は空き家が増え、都内では新しく建物を建てる土地不足の状況です。
そのため、新築ではなく中古物件を購入し、リフォームして住むという人が増えてきています。

その他にも下記のような様々な理由でリフォームが身近になっています。
高齢化にともないバリアフリーにしたい。
ガスを使わず、オール電化にしたい。
地震に強い家にしたい。
子供が成長したので、各自個室を与えたい。

リフォームは知識がないと、大変そう、失敗したらどうしようと不安になることもあると思います。
まずは、自分はどんな理由でリフォームがしたいのかを明確にし、そして予算はどれくらいなのかを決め、目的と予算に合うリフォームを請け負ってくれる会社を探しましょう。

リフォームで間取りを変えたい人もいるかと思います。
間取りを変えることで、過ごしやすさや空間の居心地の良さは大きく変わりますが、注意も必要です。
間取りを変える場合は変更後の生活を頭の中でシミュレーションし、家事動線などが上手くいくか、お子さんや高齢の方がいる場合は危険な箇所はないかなどきちんと確認しましょう。 
紙で見ただけでは想像しにくいことも多いので、住宅展示場などに足を運び、実際にどんな間取りがあるのか、体験してくるのか一番確実だと思います。

リフォームで見落としがちなのが、建材です。
どんな建材を使うのかによって予算や性能が変わってくるため、リフォームの内容が決まったらどんな建材を取り入れるのかも検討すると良いでしょう。